ホーム  > カテゴリ > ベトナムでの日々

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

休チン日!

2011/07/29(Fri)

幻の岬4日目、娘と一発やり遅い昼食を取っていると、体調が優れない。
手足の関節がだるくホテルへの帰り道は宙に浮いた様にフラフラ!
ベットに倒れ込み目が覚めると深夜の1時、持参していた風邪薬を思い出し、
適量飲んでまたまたベットに倒れ込む。



2011年3月27日



結局夕方までだらだら寝ていた僕は、むくりと起き出し、
当然モンキーバナナもむくりと起きている!
何か食べないと体力が回復しないと思い、一昨日訪れた夫婦でやっている飯屋に向かう。

DSCF1516-1.jpg


ぬるいビールを注文し、アテは何にしようかと迷っていると、
店のおじさんが寄って来て、メニューを僕に見せながらある物を指さす。
考える以前に読めないし、おじさんに任せると、
厨房にいる奥さんに何かを叫ぶ。



出て来たのは!




イカのから揚げ?



DSCF1512-1.jpg


このイカが絶品でビールのアテにはたまりません!
取れたてのイカなのか、弾力があり衣には塩と胡椒が効かせてあり、
ノンベーの親父にはたまらない味付け!


帰国後に小さいイカを、お母んに買いに行かせ自分で調理したのは言うまでもありませんが、それほど酒のアテにはもってこい!


これだけでは足りないので、フライドライスを注文するが、
これがまた正反対で激マズ!


DSCF1514-1.jpg



その後、ここのおじさんは終始僕の隣に座り日本の事や、
自分の事を喋り始めます。



テレビに映し出された津波の映像を見ながら、日本は大丈夫か?
僕の指差し会話帳を見ながら、俺は46歳だが、お前は何歳だ?とか、
俺は昔、ホンダで働いてたとか!


そんな会話をしている内に仲良くなり、写真撮影。



DSCF1519-1-1.jpg


また来る事を約束し店を後にする。
岬最後の夜だが病み上がりなので今日は休チン日と決め、
ホテルに帰る僕!




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ








⇒お次はこちら!

スポンサーサイト

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(0トラックバック(0

似ても似つかぬ!

2011/07/27(Wed)

2011年3月26日


幻の岬4日目、天候は回復せず黒い雲が空一面に多い気温も低い。
そんな中、またもやホテル近くの置屋に顔を出す僕。
兄ちゃんも慣れたもので、僕が店先を歩いている時から携帯を取り出し娘を呼び出している。


よくやるね~みたいな顔をされるが800円なのでお構いなし!
カスに当ろうが、マグロに当ろうが後悔はしないが、
またもや、写真を拒否する娘に遭遇!
これは、ブログのネタ的に痛い!

DSCF1504.jpg


しかも少し無愛想!




そんな娘と一発済ませ腹が減ったのでホテル隣のレストランへと向かい、
ビール注文し、店員がお勧めしてくれたスペアリブをアテにゆっくりと食事。



DSCF1507-1.jpg



少し足りないと思い、以前注文した麺を再び注文するが!

以前注文した麺!
DSCF1465-1.jpg




なんじゃこりゃ!



にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ













⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(4トラックバック(0

岬で男の財産を奪われそうに!

2011/07/26(Tue)

昨日は、にほんブログ村に数多くの投票を頂きまして誠にありがとう御座います。

本日もご協力宜しくお願い致します。
ダウン  ダウン  ダウン
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ




幻の岬に訪れ早3日、ホテル近くの置屋で3人の娘と対戦し内1人は爆乳で、
大満足した僕であったが3人目の娘はブログネタにもならない代物!
この地区では新たな娘を望めないと判断した僕は、夕食を終えバイタクで向かったのは、
1区と呼ばれる場所。



そこの置屋も変わり映えしない娘を3人呼ばれるが僕のモンキーバナナは無反応。
あげくの果てに、置屋の兄ちゃんに好みを聞かれる始末で、
伝えたのは指差し会話帳から、「可愛い」「小さい」。
「オーケー」と叫んだ兄ちゃんに期待もせず待っていると、
黒いコートに身を包んだ色白娘、そのコントラストが何とも言えず、
更に、元モーニング娘の加護ちゃんに似ている。


DSCF1486-1-1.jpg


迷わずにこの娘に決め、手を繋ぎ2階の部屋へと。
案外綺麗です!

DSCF1479-1.jpg



加護ちゃんの様に小さく色白で歳は自称18歳!
写真では少し解りにくいのですが、白いブラウスの胸元ははち切れんばかりにふくらみ、
爆乳とはいかないまでも巨乳を想像させます!

DSCF1485-2.jpg

DSCF1484-1.jpg



部屋に入りたばこを吸っているとコートを脱ぎ出した加護ちゃん。
僕にも脱げ、みたいな仕草をして来ます。
お互い生まれたままの姿になると、加護ちゃんは背後から僕に抱きつき、
何故か甘えている様子!



その写真が!




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
7sCtfovN.gif Aftx54RI.gif
 










にほんブログ村 タイナイトライフ情報(ノンアダルト)







⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(6トラックバック(0

幻の岬で加護ちゃん!

2011/07/25(Mon)

昼間から爆乳娘に抜かれ、夜の活動の為にしばし睡眠。
ここ岬の難点は娘以外に何もない事で土産物すら売っていない。



シーズン(海水浴)になれば昼はビーチで夜は娘となるんでしょうが、
以前にも書きましたが僕が行った時期は気温10~15度と、
ベトナムは南国と言うイメージは無く閑散とし木枯らしならぬ、
南シナ海から吹き付ける潮風とその影響で舞落ちる木の葉が、
寂しさを感じさせる。


DSCF1495-1.jpg


旅の疲れが出たのか目が覚めると深夜で、娘は諦めそのまま朝までうつらうつら。



2011年3月25日



シャワーを浴び部屋に用意されていた魔法瓶から熱い湯を注ぎ、
薄い茶で目を覚ます。

DSCF1490-1.jpg

フライドエッグとフランスパンの朝食も飽きたので、
思い切って街の飯屋にと入る事に。


DSCF1496-1.jpg



ビールを注文すると冷えて無く氷も無いぬるい物を飲ませれるが気温は約15度なので良しとし、
指差し会話帳で牛肉のフォーを注文すると、
出て来たのは博多の豚骨ラーメンにも勝るとも劣らない代物!





うわ!






大丈夫かなこれ!






片栗粉でも入っている様な、トロトロのスープ!
ホーチミンの街で見かけたフォーとは全然違う。
日本のラーメンも所変わればスープも変わるが、そんなもんか、
と、思いながらスープを一口すする僕!






ん?








にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ












にほんブログ村 タイナイトライフ情報(ノンアダルト)





⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(0トラックバック(0

幻の岬で二度美味しい爆乳娘!

2011/07/24(Sun)

ベトナム・幻の岬、2人は昼食を済ませ昨日訪れた置屋で偶然出会った爆乳娘!
好みでは無かったのだが、視線が合ったとたんに笑顔で僕を見たので、
その娘に決定!



この時点ではまだその巨乳は解らなかったが、奥の部屋へと手を繋いで入室し、
娘が上着を脱いだ瞬間に大きいなぐらいのおっぱいでしたが、
シャワーを終え、ベットに横たわる娘のタオルをはぎ取った瞬間!





爆!





爆 乳!





じゃあ~りませんか!





DSCF1467-1.jpg



しかも、巨乳に良く見かける乳輪が大きく、
更にニュートンの法則で垂れ下ったオッパイでは無く、
乳輪も大きさに比例し両脇に垂れ下がる事無く名古屋のウイロウの様な弾力!
これほどの巨乳は過去にパタヤで出会った娘以来で、
その娘は確かに叶姉妹を思わせる人造人間でありました。


パタヤの爆乳娘!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ



しかし、この娘のおっぱいは触り心地で確かに、ポンジュースも真っ青な天然素材100%!
指で突いたり、下からモミ見上げたりと弾力を楽しみ、その谷間に顔を埋めたりと、
おもちゃの様にお遊びする僕!






ぷるん!






ぷるるん!






爆乳娘もお遊びを始め、柔らかい手に平で僕のモンキーバナナをニギニギ、
牛の乳絞りの様に指を絡ませながらの上下運動!
娘の横に仰向けになり、モンキーバナナが乳搾りされる光景を見ていたが、
髪の毛を両耳に掛け、この娘もバナナを窒息死させるべく生温かいお口の中へと誘い込む!





また、天国行きか!





顔に似合わず、ズルズルと音を出しながらモンキーバナナを窒息に追いやる娘は、
上体を上にずらせて、硬い物を自慢の谷間へと誘導!





にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

















⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(6トラックバック(0

そ!そんな所に挟まないで!

2011/07/23(Sat)

2011年3月24日


昨日は、岬で初の娘に天国に行かされたモンキーバナナは朝から体調不良気味で、
元気が無い、はずは無くパンツを突き上げている。

トイレに行き、モンキーバナナの興奮を収め、このホテルには朝食が付いている事を思い出し、
1階のロビーへと降りる事に。
しかし、1階にはレストランらしき物は無く、キョロキョロと周りを見回していると、
フロントのお姉さんが僕に近づきながら。




「ブレックファースト?」と、呼びかける。




頷いた僕を連れ、お姉さんが向かったのはホテルを出て道を挟んだ建物。
そこには、多くのテーブルと椅子が並べられ優に300人は収容出来るほどの部屋。
どう見ても会議室みたいな部屋、適当に椅子に座る僕。



一つ挟んだテーブルにはファラン男性が2人お喋りをしながら朝食を楽しんでいる。
こんなファランも、ここ岬に女を買いに来たのか?
そんな事を思いながら室内を観察すると、普通ある物が無い!
何で無いのかな?



普通ホテルの朝食はバイキング形式で、おかず類は湯銭で温められ、
コーヒーや紅茶、ジュースが並んでいるはずだが、何も無し!
何を食べるのか?セットになった朝食を運んで来てくれるのか?



そんな不安をかかえていると、フロントのお姉さんは、
別のテーブルを指差し、 「これだよ」みたいな事を言うではありませんか?




少し離れたテーブルを見てみると、そこには?


1311315536nuRuTSpL.gif
にほんブログ村


⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(6トラックバック(0

岬で天国にいっちゃうよ~!

2011/07/23(Sat)

急遽、訪タイで幻の岬記事が遅くなり申し訳御座いません。
本日より通常記事の続きを再会致します。



本日もご協力お願い致します
ダウン  ダウン  ダウン
13113178847sj9AiiC.gif
にほんブログ村


ベトナム・幻の岬で一軒の置屋風店舗で若い兄ちゃんに強引誘われた僕。
お茶をごちそうになりながら、娘を呼んでもらう事に。
料金はネット等で調査済みの20万ドンと良心的。



ボロイソファーに座り待っていると数人の娘が店舗に現れるが、
どうも好みはいない。
断る事に寂しくバイクで帰って行く娘やら、苦笑いする娘達。
バンコクのナタリーで2600バーツの娘を選んでるじゃないぞ!




800円だぞ!





そんな事を自分に言い聞かせお試しで選んだ娘は田舎顔、
しかし、性格は明るく部屋に入るなり、チョコンと僕の隣に座り、
用意してあった会話帳を熱心に見て楽しく会話。



DSCF1457-1.jpg


写真撮影も拒否される事無く!
衣類を脱ぎ出した娘はタオルを胸に巻きシャワー室へと。
娘と交代で僕がシャワーを浴びると娘は布団にもぐっており僕を誘い入れる!




この時期の岬の気温は10~15度と寒く、毛布が用意されているのです。
そんな毛布に誘込まれた僕のモンキーバナナから、ネットリと温かい感触が伝わるのです!
毛布越しに下半身の方に目をやる僕は、毛布が頭の形に膨れ上がり、
それが小刻みに動いている光景を目にする!





その生き物はモンキーバナナの根元付近から先にかけ移動し、
先っちょをチロチロと責めたり、こねくり回す様に絡みつくのです!
思わず、毛布をはぎ取り、僕が目にした物は?




ニッコリと微笑む娘の顔!




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
7sCtfovN.gif Aftx54RI.gif
 



⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(4トラックバック(0

ベトナム、幻の岬800円でいきなり生で・・・・・!

2011/07/16(Sat)

ハノイから移動する事約4時間、幻の岬と呼ばれる知る人ぞ知る場所に到着した僕。
ホテルにチェックインし街を散策に出かける事に!
海岸付近にはこの時期、人っ子一人歩いておらず閑散とした雰囲気。
ほんとに娘などいるのか?
そんな不安が僕を襲う!




しかし、後方からのバイクの音に振り向くと娘が2人乗りし走り去って行く!
更に自転車に乗った娘やらが数人通り過ぎて行くではありませんか!
その娘達の年齢は若く、少し厚化粧。




少し期待が持てた僕は夜に備えホテルで休憩し、食事へと出かける事にした。
レストランはホテルの隣にあり当然客は僕だけで、従業員も何でこんなとこに来たの?
みたいな顔で僕を見る。
メニューを見ると一通りの物はそろっており、パスタを注文すると、
「無い」ピザを注文すると「無い」と返答され、従業員がお勧めした料理を頼む事に!



メニューに写真は無く、その料理に少し不安を抱いたが店の内装やら雰囲気で、
それほど変な物は出てこないだろうと、思っていると!




出て来たのが!




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイブログ全員集合!!

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(12トラックバック(0

幻の岬へ!

2011/07/15(Fri)

超親切な宿のおじさんのおかげでバックが見つかり一安心、
おじさんと添乗員の喧嘩を背に受け、移動する事に!



その場所とは! 「幻の岬」と呼ばれる場所インターネットでも、その情報量は少なく知る人ぞ知る、通(つう)の人たちにとっては、まさに安息の地・的な存在の場所であります。



聞くところによりますと昔、幻の岬はベトナムでは最多級の遊郭があり、
以前は5,000人位の娘がいたそうです。
今も昔の名残か、近郊に立ち並ぶ工場(日本企業もあり)から仕事が終わった素人娘達が
アルバイトとして幻の岬に訪れるとか・・・・
他にここを専属としている玄人娘もいるとか・・・・・


タクシーを捕まえ近くの駅へと向かいます。
目的地へのキップを購入、列車に乗り込みます。

DSCF1423-1.jpg

目的駅に到着しここからはバスで移動になります。


DSCF1428-1.jpg
にほんブログ村
乗り込んだのは僕一人で少し不安ですが、その後人を拾いながらバスは岬に近づいていきます。


DSCF1435-1.jpg

バスは巨大な駐車場に到着。
この時期、車は一台もとまっておりません、
海水浴シーズンになるとかなりの人が押し寄せるとか。

DSCF1492-1.jpg

大きな木の向うの青い建物がホテルでチェックイン。
値段の割(40万ドン)に良い部屋に案内していただき、出足順調といった感じです。

DSCF1436-1.jpg


さっそく街を散策に出かける僕。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(2トラックバック(0

超大ピンチ!旅行バックが消えた!「続編」

2011/07/14(Thu)

皆様覚えていらっしゃいますか?
僕が旅の途中にネットが繋がるホテルで更新致しました「近況報告シリーズ」!多くの反響をいただき、
その中でも特に「パタヤで石原さとみに遭遇!」に続き、
アクセスをいただきました。


「超大ピンチ!旅行バックが消えた!」続編をお届け致します!



何時もご協力ありがとうございます。
本日も宜しくお願い致します。

ダウン  ダウン  ダウン
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ




「近況報告」のあらすじ。



幻の岬へ移動する為、宿をチェックアウトした僕は、
何時も愛用の、地球の歩き方バック(貴重品は除く)をフロントのソファー横に置き、
少し奥のレストランでコーヒーを飲んでいました。

写真奥がフロントです。
DSCF1420-1.jpg
見えにくいですが右がフロントのカウンターで手前にソファーがあります。


そこにハロン湾ツアーの添乗員が訪れ間違えて僕のバックを持って行ったと考えられるのです!
宿のおじさんはツアー会社に電話を掛け、僕のバックを持って来る様に指示したが、
現れた添乗員は手ブラ!
そんな事で、確かめる為に添乗員と一緒にハロン湾ツアーに行くバスの中を調べるが、
僕のバックは見当たらず!


僕と添乗員は宿に戻ったが、そこで宿のおじさんと大喧嘩!
押し問答の上、おじさんは添乗員のバイクの鍵を取り上げ、
僕を後ろに乗せ、更に添乗員を乗せ3人乗りでツアー会社へと向かうのです!





内容をお忘れの方はこちらを超大ピンチ!旅行バックが消えた!「近況報告」


宿のおじさん、僕、添乗員と3人乗りで車と数多く走るバイクを曲芸のごとく交わしながら
ツアー会社に向かう!
猛スピードで飛ばすおじさんに掴まり命の危険さえ考える僕!
バックは失っていいから命だけは!



そんな事を思いながらの前方に目をやると、
ハロン湾ツアーのバスが動きだしています!
こちらに向かっているバスに突進して行くおじさん!




バスの目の前にバイクを急停車させ、当然バスも急停車!
バイクをその場に、置き去りおじさんはバスのバックドアに向かう!
観音開きのバックドアを開けると、ファランの大きな荷物が雪崩の様に道路に落ち、
最後部座席に座っていた客達が後ろを振り返ります!




そんな事はお構いなしなおじさんは、大きな荷物を!




ドサ!ドサ!ドサ!ドサ!




と、地面に放り曲げています!





当然、最後部座席の背もたれが見えるだけで僕のバックは出て来ません!





それでも諦めないおじさん!




DSCF1097-1.jpg
にほんブログ村

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(12トラックバック(0

国内の○○さんは危ないですね!

2011/07/13(Wed)

2011年3月22日



今日はサエちゃんとお別れの日です。
ハノイから夕方発のホーチミン行き、そこから帰国する事になっています。



3月15日に出会い約一週間、一緒に旅を続け情も湧いてきます。
初めて会った日の事、バスで添い寝した事、色々な事が思いだされ、
寂しい気分に!
今まで、ほぼ一人で旅を続け暇をもてあそぶ事も多かった僕。
サエちゃんと出会い、予定では無い観光地や食事も楽しめた。
そんな思いが込み上げてきます。




昼の12時にフロントで待ち合わせをしており、
行ってみるとサエちゃんはチェックアウトを済ませ、
僕に「おはようございます」と声を掛ける。





「おはよう」挨拶を交わすと。





サエちゃん「あの人も一緒に昼ごはんに連れていっていいですか?」






は?





この劇的な別れに誰を誘ったのか?この娘!
どうせ、バックパッカーの野郎やろ!





と!





サエちゃんがその人を英語で呼びます!






え!





DSCF1097-1.jpg
にほんブログ村

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(5トラックバック(0

ば、バレていたのか?!

2011/07/12(Tue)

「ダダメです~」

DSCF1168-1-1.jpg
にほんブログ村
ハロン湾ツアーが終わり再び体調不良を訴えるサエちゃんを部屋に残し、
一人で寂しく食事をし、バーでジントニックやら水割りをのむ。
少し酔っ払った僕は宿への帰り道に偶然にスイーツ屋を見つけ、
ケーキに目がないサエちゃんの為に2つのケーキを購入。



サエちゃんは、まだ起きており何とネグリジェ姿で僕の前に現れる
理性を失っていた僕はサエちゃんをベッドに押し倒し!




「あっ!」




ネグリジェの裾から入れた手は乳房までたどりつき、突起した物を指で挟む!




「う~ん、hitoさんhitoさん!」




「イヤ~!」




サエちゃんの瞳にはうっすら涙が浮かび。


僕の手はムッチリした下半身に伸びて行きます!
両足をぴっちりと閉じた下半身は少し震えており、
お尻の方から純白のパンティーに手を掛け下へと下げようします。



その僕の手を掴み、顔を左右に振りながら!




「イヤ!イヤ!」





「サエちゃん、大丈夫だから!」





「わ、わたし、恥ずかしいです!」



抵抗も虚しく膝まで下がったパンティーには少しの染みが!
サエちゃんの姿は首もとまでずりあがったネグリジェに、膝に絡み付いた純白パンティー!
そんなサエちゃんは僕を見つめ!





「hitoさん、や優しくして下さいね」
と、瞳を閉じる!




にほんブログ村 海外生活ブログへ

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(16トラックバック(0

サエちゃんのネグリジェ!

2011/07/11(Mon)

洞窟がある島を約1時間観光し再び船に乗ります。
ここで終了なのか船は港を目指し無事、ハロン湾ツアーは終了。
ベトナム人夫婦は、ここハロン湾近くのホテルに滞在しているよの事で、
夕食での一緒のどうか?と誘われるが、あいにく僕達はツアーのバスでハノイに帰れなければならない。
丁重に断り、ベトナム人夫婦に別れを告げ帰りのバンに乗り込む。




サエちゃんは、再び疲れが出て来た様で僕の隣で眠っています。
帰りも同じ土産物屋で休憩を取り、無事ハノイに着いた僕達。
夕飯は、屋たいで現地民と一緒の物を食べる予定だったが、
サエちゃんは食欲が無く部屋で寝ると言う。



顔色も悪く心配する僕。




「薬 買ってこようか」





「たぶん、大丈夫です。少し寝てれば。」





「じゃ、俺一人で何か食べてくるわ!」





「すみません。」



宿を出て何を食べようかと迷ったが、旅行者相手のレストランに入る事に。
2階の席に案内され、サエちゃんの事が気がかりだ!

DSCF1402-1.jpg


しかし、久しぶりの一人での食事。
サエちゃんには遠慮せずに酒が飲める。
タイガービアの大ビンとステーキを注文、何とも色どりが悪いステーキで、
ビールを3本空にしてしまった僕。



DSCF1403-1.jpg
にほんブログ村
当然ご飯は半分以上残し、酔った勢いでバーへと入り、
ジントニックやら、ウイスキーの水割を注文し一人考える。



サエちゃんは明日の飛行機で帰るんだな~!
結局、親密な関係にはなれなかったな~!
また、一人で行動するのか~!
寂しいな~!




酔っ払いながらそんな事を考える僕!
5杯ほど飲んだ僕は、久々の大量な酒で少し酔っ払いバーを後にする。
宿への帰り道に、偶然スイーツ屋を見つけたので、
何も食べていないサエちゃんの為に、大好きなケーキなら食べられるかなと思い、
カップケーキとショートケーキを購入し宿へと戻る。




フロントで鍵を受け取り階段を上り4階に。
僕の部屋は402号室でサエちゃんの部屋は401号室、僕の部屋の向かいにある。
安宿なので部屋のドアも薄く、僕はサエちゃんの部屋に前で叫ぶ!





「サエちゃん!まだ、おきてる~?」




コンコン





室内から物音が聞こえ。






「はい!hitoさんですよね!今開けます!」



ガシャ!






ドアノブが回る音とドアが開く音がし出て来たサエちゃんは・・・・・!






!!!!!!!!!!!!!!!!!!







ね!ね!ね!ね!ね!





DSCF1097-1.jpg
にほんブログ村

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(14トラックバック(0

恐怖の心霊写真?サエちゃんを襲う手!!

2011/07/10(Sun)

これだけ多くの写真を撮っていると、写り込む事があるんでしょうか?
サエちゃんの腕に! 




ハロン湾クルーズも大詰めを迎え、船はとある島へと到着する。
ベトナム人カップルの彼氏の方は、サエちゃんが気にいったのか、
何度も自分のカメラを彼女に渡し記念撮影!

DSCF1393-1.jpg


それに少し怒ったのか彼女は彼氏の背中をパンパン叩き追いかけまわす!
真剣には怒ってないらしく、冗談じみた風景が僕達を楽しませる。
4人は桟橋を歩き島の奥へと進み、急な階段を上ると洞窟らしきのもが現れる!



何やろ?



と、入ってみるとそこには、鍾乳洞が!


DSCF1395-1.jpg

DSCF1399-1.jpg


綺麗にライトアップされた石灰岩が浮かびあがり何とも神秘的だ!
段差がある階段では、サエちゃんの手を取りまるで恋人気どりな僕。
鍾乳洞を抜けると絶景が広がっています!

DSCF1401-1.jpg



天気がよければもっと綺麗なんでしょうが、ここで記念撮影です!





絶景をバックに!





手手手手手が~!




サエちゃんの後ろは断崖絶壁!


DSCF1400-2-1.jpg


サササエちゃんの腕に襲いかかる手!

DSCF1400-5.jpg
にほんブログ村
え!マジ~!













⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(10トラックバック(0

ベトナム人カップル!

2011/07/09(Sat)

蟹模様パンツで爆笑した僕に少し引き気味のサエちゃん!
船内では昼食の用意が出来た様で船に乗り込む事に。
テーブルは三か所にまとめられ5、6人で一緒に食事をする事になった。
僕達のテーブルには、ファランのカップルと、出港時にサングラスをかけたベトナム人カップル。
合計6人が一つのテーブルで食事をする事になった。



料理はニャチャンのボートトリップと殆ど変わらずに、
薄い卵焼きや豚と厚揚げの煮物など約5品が並び、洗面器に入ったご飯も無造作に置かれている。
ここではベトナム人カップルの女性がご飯を取り分けてくれ食事が始まる。
ファランのカップルは、あたかも自分の物の様に魚料理を、慣れない箸でグチャグチャにし、
口に合わないのか直ぐにその場を立ち去る!



そこに、遅れて出て来た鯛の様な魚料理、香草を入れ煮た物と、
そのガラで出汁を取ったスープ!



ベトナム人カップルは「食べろ食べろ」と勧める!



お前らに進められんでも食べるわい!



そんな事を思いながら食べると美味いではないか!
約41年間生きて来た中で煮魚ナンバー1の美味さ!
味からして多分タイの一種だろうが、薄い味付けで素材の味を十分に引き出している!
身の感触も良く、すばらしい!


そんな横でサエちゃんは英語でベトナム人と喋っている!



「hitoさん、その魚ね、この人達がイカダで買って料理してもらったんだって!」




「そうなん!うまいわ~!」





確かに他のテーブルには運ばれておりません。




「サエちゃん、食べてみいや~」



サエちゃんは、僕が凄く美味しいと言っている事をベトナム人に伝えると、
気を良くしたのか、男性の方が僕にビールを飲めと!
ありがたく頂戴した僕は、乾杯!
お互い写真を撮り、すっかり仲が良くなったのです!
DSCF1350-1-1.jpg

DSCF1351-1-1.jpg

聞くところによると、このカップルは数年前に結婚したが、
当時は新婚旅行が行けずに、今回休みを取りホーチミンから来たらしい。
サエちゃんはベトナム人女性と英語でお喋りばっかりで、
ほっておかれた野郎組はビールを飲みまくります!



食事が終わり、ベトナム人カップルは小舟で島を回る様です。
僕達が見送ろうとすると、「乗れ乗れ」みたいな事を言うので、
せっかく来たから乗る事に決め、ひっくりかえりそうな小さなボートに乗り込む。
料金は一人10万ドン(約5ドル)



大丈夫かな~!



DSCF1097-1.jpg
にほんブログ村

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(2トラックバック(0

蟹パンティー!

2011/07/08(Fri)

何時もありがとうございます!
本日もご協力お願い致します!

ダウン  ダウン  ダウン
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ




体調が悪いサエちゃんとハロン湾クルーズに来ている僕。
約1時間経過し水上生活者のイカダを見学、サエちゃんも少し元気になり始めた。

DSCF1344-1.jpg

イカダには水槽が設置されており、蟹や貝類、シャコなど様々な魚介類が所狭しとうごめいている。
こんな所で買う人なんかいるのだろうか?
DSCF1341-1.jpg

こちらの蟹は色んな模様をしています!
結構気持ち悪いです!
DSCF1342-1.jpg

こんな生き物も!
DSCF1343-1.jpg



そんな事を思いながら景色を楽しんでいると、
小さな船に乗った親子がフルーツを売りにやって来ました。
甘い物に目が無いサエちゃんは、当然興味を示しマンゴーやライチを購入。




「高いですね!」と不満そう!





「あ!はははははは!」





「何やあれ!」





「ははははは!」





サエちゃん「何笑ってるんですか!」





突然笑いだした僕に少し不機嫌な顔をしているサエちゃん!





「ほら!あのパンツ!」





フルーツ売りの船に指をさす僕!




DSCF1349-1.jpg
にほんブログ村















⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(0トラックバック(0

体調不良のサエちゃんとハロン湾クルーズ!

2011/07/08(Fri)

2011年3月21日


今日は、僕がベトナムに来た目的の一つ世界遺産のハロン湾ツアーの日。
当初は一人で行く予定だったが、ニャチャンからサエちゃんに出会い、
フエまでの予定をハノイまで延ばしてくれたので2人でデート気分で参加です。


しかし、宿の一階で朝食を一緒に食べていると、様子がおかしいサエちゃん!


「どうした?」




サエちゃん「熱があるみたいで!」




「え!昨日の事故でなったんちゃうやろ?」




サエちゃん「それは無いよ。」




ハードな移動で疲れが出たのか?
サエちゃんのおでこに手を当てると確かに熱があるのです。




「今日やめようか?」




サエちゃん「大丈夫ですよ。」




しばらくするとハロン湾ツアーのお迎えが来て宿を出る事に。
アジアでは何処のツアーもそうですが、旅行代理店を通じ客を集める仕組みで、
僕達が宿泊している宿も代理店の一つ。
出発は別の場所からで添乗員は各代理店を回りツアー客を迎えに来ます。


僕達の宿からは、僕とサエちゃん他に韓国人男性と思われる人と3人で、
添乗員の後を追い出発地点に向かいます。
そこには、約15人乗りのバンが停車しており乗り込みます。
ハロン湾までは約2時間半の道のり。



サエちゃんはシートに座り目をつぶり実にしんどそうで、
途中、土産物屋で1回休憩をとりハロン湾の港に到着です。


DSCF1318-1.jpg

サエちゃんは立っているのもしんどい様で地面の一点を見つめて体が少し揺れています!
倒れるのではないか?と思った僕はサエちゃんを抱きベンチに座らせ、
「やっぱり止めようか?」


サエちゃん「大丈夫です、行きましょ」



少しカラ元気です。


DSCF1322-1.jpg


DSCF1328-1.jpg


出港の時間が迫り船に乗り込み、他の客は甲板に出たり2階に上がったりと景色を楽しんでおります。
サエちゃんはしんどそうに船内のテーブルに座り外を眺めています。
大丈夫かな?気分が悪いのに船なんか乗って!

DSCF1323-1.jpg

何気なく写したこの写真、左奥のカップルが、後に色々とやってくれるのです!



15.jpg
にほんブログ村

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(0トラックバック(0

サエちゃん、バイクにはねられる!

2011/07/07(Thu)

サエちゃんにウソをつき、夜の街に繰り出した僕!
バイタク親父に案内されたのは暗闇に浮かぶ船。
危険を察知し宿に引き返した僕に、
待っていたのはフロントで従業員とお喋りしているサエちゃん!



「何処に行ってたんですか?」




と、少し怒ったサエちゃんに。




「ナイトバザー」と更にウソが重なる僕!




「私も行きた~い」と、言うので再び宿を後にしナイトバザーに向かう。
長い屋たいを往復し、楽しんだサエちゃんと一緒に宿に戻る途中に幅の広い道を横断しなければなりません!
横断歩道を渡ればいいのですが、近くには無いのです!
DSCF1291-1.jpg
にほんブログ村
仕方なくここで渡る事に決め、サエちゃんの柔らかい手を握りタイミングを計り、
小走りで進んだのです!





しかし、道路の中央まで来た時に、僕の後方で「ゴン」と言う音!





何や!






振りかえると!






サエちゃんにバイクのフロントが当っています!






え!






サエちゃんを両手で抱きしめた僕!






「大丈夫か?サエちゃん!大丈夫か?」





「何処あたったんや!」





バイクに乗った若い兄ちゃんは「お~」とか叫んでいます!




「お前な~!」




サエちゃんを抱きしめながらバイクの兄ちゃんに詰め寄る僕!
丁度バイクは僕から見て横に止まっている!
ここはとりあえず喧嘩キックで倒しておいてから・・・・・・




DSCF1097-1.jpg
にほんブログ村

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(6トラックバック(0

何処行ってたんですか!

2011/07/07(Thu)

サエちゃんと水上人形劇を見に行き宿へと帰る事にし、
数日溜まっていた僕は娘を求め夜の街に散策に出かける事を決めていた!
ここハノイには、どんな風俗があるのかも解らない僕は、
始めは軽くディスコでも行って様子をみる事に。




たばこを買うとウソをつき、宿の前でサエちゃんと別れ湖付近でたむろしているバイタク親父に、
「ディスコ」と叫び後部座席に飛び乗る。
バイクは市街地を離れ、徐々に人並みが途絶える暗い道路を走り始め、
大きな川のほとりに到着する!




大阪で言いますと、淀川の河川敷、東京で言いますと多摩川の河川敷?
行った事はありませんが!
家も無く真っ暗で背の高い雑草が生えております!





ヤバイ!





ここでバイタクの仲間が待ち伏せし身ぐるみはがされるのか?
危険を感じ身構えた僕!
走って逃げるにしても今はサンダル!
するとバイタク親父は桟橋に停留した約20メートルほどの船を指差し、
「ディスコ」と叫ぶ!





川に目をやると暗闇に浮かぶ船からはボーっとピンクや緑のネオンが見える!
僕を下ろしたバイタクは逃げる様にその場を立ち去り、暗闇に取り残された僕は、
仕方なく桟橋を進み船に近づく!




きしむ桟橋を半分まで歩いた時!




ただならぬ異様な雰囲気を察知し引き返す事に!
その雰囲気はやはり薬でもやっているのか?





あ~怖!





小走りで桟橋を戻る僕!





宿まで戻ろうとするがバイタクも捕まらずに徒歩で帰る事に!






「何処行ってたんですか!」




100.jpg
にほんブログ村


⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(0トラックバック(0

ほら!あ~んして!

2011/07/06(Wed)

ハノイに到着し夜の予定を決めた僕達は、水上人形劇の予約へと向かう。
公演は夕方から夜にかけ数回されるのだが、一番早い公演のチケットは既に完売し、
2回目の公演チケットを購入する。
昼過ぎだと言うのにチケットを求める客で列が出来るほどの人気ぶり!


DSCF1277-1.jpg

湖を一周の散歩を終え、宿で休む事にする。
バスでは寝ていない僕は爆睡しサエちゃんのノックで目が覚める!
辺りは薄暗くなり、昼間にサエちゃんが決めたレストランに向かうが、
何とも薄気味悪い路地を入った場所にある。

DSCF1286-1.jpg

ここは恵まれない子供達を集め調理を教えたり接客を教える、
いわば、学校みたいなところ。
働いている子は実に若く高校生ぐらいだろうか?



しかし、店内に入った瞬間にかなりの高級感!
テーブルには純白のクロスが敷かれナフキンやワイングラスが並んでいる。
ここ、高いんちゃうの?
そんな心配をよそに、生春巻きやサラダ・フライドライス・ポテトグラタンと食べまくり、
最後にはスイーツに目が無いサエちゃんはケーキを注文!




何処から食べようかな~と迷っています!

DSCF1289-1-1.jpg
にほんブログ村
ぱくり!と食べニコニコのサエちゃん!


DSCF1288-1-1.jpg
にほんブログ村





「hitoさん、あ~ん」




「いやいや恥かしいやん!」





「ほら!あ~んして」




100.jpg
にほんブログ村

⇒お次はこちら!

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(6トラックバック(0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。