ホーム  > スポンサー広告 > 2人娘は生理中? > 未分類 > 2人娘は生理中?

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

2人娘は生理中?

2009/04/17(Fri)

ロリボップで迎撃した娘に「ホテル」と囁く僕。




「NO」





「NO!?」





「メンス」






何や生理かい!





渋々店を出る僕。





次の店があるじゃないか!





「日本の方ですか?」





「はっはい」





振り向くと、細い体にメガネを掛けうつ向き加減の青年が!





年の頃なら25・6か?





「あの~何処の店がいいですか?」





「初めてですか?」






青年「ははい」







終始うつ向き加減で何かに脅えている様だ!
僕の目を見ようともしない!







「一緒に行きますか」






青年「おお願いします」







青年を引き連れ僕は無難なレインボー2へと入る、
席に座り青年はビール、僕はバカディレモンを注文。






「あの~」






横を見て話かけようとすると!






先程まではうつ向き加減の青年、今度は上向き加減で、
締まりの悪い口をポカンと開けている!






僕も初めての時はこんなんだったのか?






いやいやそんな事は無い!






その後青年は、ビールを口に運ぶ以外の動作を見せずに口を開けながらステージの娘を見ている。






何かヤバイぞ!






こいつ!





そこに僕の顔見知りの娘が横に座る。





お持ち帰りした事は無いが、日本語が話せ度々コーラをおごっている。





「友達?」と青年の方を見る





「違うけど」





なおもステージに釘付けの青年!






「いい娘いたら呼びましょか?」






青年
「ははい」






僕と喋る時はうつ向き加減に変身!






「何番」





青年「あええ〇9番で」





んん!





僕が昔お相手した事がある〇ンちゃん





そんな事は青年に明かさず。





〇ンちゃんならソコソコ日本語も喋れるから、この青年にはいいだろう。





ステージ脇に座る〇ンちゃんと目が合い手招きをする僕。





〇ンちゃんは僕の横に座り早口な日本語で喋りまくる!
「あなた!ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・・・」






「俺ちゃうねんけど、こっち」と、青年の方を指差す。





青年を見た〇ンちゃん




一瞬いかにも嫌そうな顔を僕は見逃さなかった!






しかし、そこは商売!






青年の横に座りコーラのおねだり。





青年「えへへへへ、いいよ」  





太ももを撫で撫でし「いひゃひゃ」 





僕を睨みつける〇ンちゃん





見事に変貌した青年〇ンちゃん





両方 「怖」





3杯お代わりした〇ンちゃんは、「ダンス」と言って席を立つ一瞬の隙に僕の耳元で!





囁く!




 アップ  アップ  アップ
「エロエロブログのたまり場」
「タイ娘のエロ画像も見れちゃう!」






「わたし、無理!」






げ!






〇ンちゃんはそんな事を囁きステージの向こう側に立ち、背中を向けて踊る!





「えへへへ、あの娘何処いったんですか~」と青年!






「ステージの順番が回って来たんちゃいますか?」






〇ンちゃん、ダンスが終わるが一行に来ない!






青年「ええへへ、呼んでくださいよ~」






「またですか?」






ウエイトレスに〇9番と告げる僕!






今度は〇ンちゃん僕と青年の間に座り、青年から見えない処で
僕の手をギュッと握る!






ここは、少しヤバイ日本人青年よりタイ娘の見方をする僕!






「コーラいる~へへ」と青年





〇ンちゃん「いらない」





「えへへへ」






青年「へへへ、この娘にします」





こいつ空気読めよ!






日本語が解る〇ンちゃん
少しおびえ気味!






ここは僕が助けないと!






青年「この娘、今日生理らしいわ!」






青年が一瞬ムスっとした顔をするが少し考え!
「いひひ、いいですよ!」







 「は?」






 「お前あほか!帰れ!しばくぞ!」






ビビりまくる青年はオロオロしながら席を立ち店を出ようとする!






「金は!」






いくら払っていいか解らない青年(変態)







財布を開け1,000バーツ札を1枚出す手は震えている!






僕「2枚じゃ!テーブルに置いて帰れ」






2,000バーツをテーブルに置いた変態は小走りで店を出て行き、
そんな光景を見たボーイが駆けつける!







何やらタイ語で〇ンちゃんと喋るボーイ!






事態が把握出来たのか、席を離れるボーイ。






僕はテーブルの1,000バーツ札を1枚取り〇ンちゃんに!
「チップ」と言って渡す。






「私ペイバー」





???





何時もご購読ありがとう御座います。
今日もブログランキングに御協力を、1クリックお願いします!

ダウン  ダウン  ダウン
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ目「タイエロブログ集合!」ここでっせ!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
目「カンボジア現地情報!」旅に役立つ
人気ブログランキングへ
目「アジア情報!」アジアを制覇
関連記事
スポンサーサイト

Category:未分類

コメントでっせ!(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。