ホーム  > スポンサー広告 > 朋子さんの火傷の理由は?その後〇Pかいな? > 未分類 > 朋子さんの火傷の理由は?その後〇Pかいな?

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

朋子さんの火傷の理由は?その後〇Pかいな?

2009/11/18(Wed)

朋子さんに「むかえにきて~や」と電話があり、
梅田に向かった僕!






そこに、七海ちゃんからの電話が!






「朋ちゃん火傷した!」






手を火傷したと言う事で少し安心する僕は、
その現場に急行した。
イヤ、とぼとぼと歩いた。






その現場は、とあるラーメン屋さん!






店内に入るが肝心の朋子さん は見当たらず、
七海ちゃんもいない!







あれ?





「いらっしゃい」
と、店員に叫ばれオロオロする僕!







店間違えたかなと?





携帯を取り出し朋子さんに電話を掛けようと思ったが
手を火傷している上に機嫌が悪いであろうと思い
七海ちゃんに電話をする僕。







「ぷるるるるる ぷるるるるる」





呼び出し音が聞こえた僕は、
同時に微かなエグザエルの曲がカウンターを挟み
奥の厨房から聞こえるのに気づいた!








 アップ  アップ  アップ
「エロエロブログのたまり場」
「タイ娘のエロ画像も見れちゃう!」





そのラーメン屋の厨房は幅は狭いのだが、
カウンターに平行し横に長い。
奥は暖簾で見えなくなっており従業員に休憩スペースと思われる。






そんな暖簾から「こっち!こっち!」
突然七海ちゃんが顔をのぞかせる!







「何してんの?」




カウンター越しに奥を除く僕!





そこには!

寸胴に氷水をいれ左手を突っ込んでいる朋子さんの姿が!







「くくくっ!はははは!」






思わず笑ってしまう





キ!






朋子さんに鋭い視線を浴びた僕は、
間顔に変身!







奥の厨房から出て来た朋子さん はお絞りに氷を包み、
左手に当て「しばくで~」と僕に蹴りを一発!







事情を聞くと、七海ちゃんとバーで飲んでいて、
お腹がいっぱいになる料理も無く。
帰りにラーメンでも食べようとここに入ったらしい。
注文したラーメンが提供され割りばしを割った時に朋子さんの左から
僕が以前に買ってあげた(買わされた!)指輪が!







ポトリ!





と、ラーメンの中に!






そこのラーメンは麺のわりにスープが多く、
慌てて左手をラーメンの中に突っ込み熱さも構わず朋子さん
指輪を探し当てたそうだ!






笑った事を少し反省する僕に朋子さんは、
「お腹へった!」 






と、テーブル席に着き再びラーメンを注文!






七海ちゃんは従業員にお礼をしきりに言っている。






テーブルにはラーメンが3つ運ばれ、
朋子さんに割りばしを割ってあげる七海ちゃんとラーメンを食べる。
先ほど焼肉を食べたは、また血圧が上がるなと思いながら
ラーメンをすする。






店長のはからいで始めの2杯分は食べて無いので無料にしてもらい、
店を出る。
最終電車も無くなったし、どうしようと考える僕に!
朋子さんは「ホテル泊まろう家や!」






「七海も一緒に泊まるやんな?」






七海ちゃん「うん」






ホテル街へと歩く3人!
しばらく歩くと朋子さんが!






「ここにしようか!」





と、正真正銘のラブホテル!






げげげっげ!





狭い入口から入った時、先に部屋を選ぶアベックが!
女性は僕達の方を振り向き!



3Pか!



みたいな顔で見ている!






少し広い部屋を選択した朋子さん七海ちゃんに引き連れられ、
部屋に入る僕!







何故か期待する僕!





つづきはこちらから!
ダウン  ダウン  ダウン
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ目「タイナイトライフブログ!」
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
目「カンボジア現地情報!」
ブログランキング・にほんブログ村へ目 「色んなブログの宝庫」


タイのホテル予約はこちらで「激安です!」


パタヤのホテルはこちらで!


関連記事
スポンサーサイト

Category:未分類

コメントでっせ!(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。