ホーム  > スポンサー広告 > 観光もほどほどに、あせった僕が行きたい場所は? > バンコクでの日々 > 観光もほどほどに、あせった僕が行きたい場所は?

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

観光もほどほどに、あせった僕が行きたい場所は?

2010/03/09(Tue)

オカマネタはこれで一時終了致します!
コメントにも苦情が来ている様で、
しかもにほんブログ村のランキングもクリック少ないので・・・・とほほ!







オブセッションを出た、オカマ三兄弟はテーメーへと繰り出す!
スクンビット通りを歩きながら「16番16番」
先程やったオカマの話でうるさいスプラッシュ君







DSCF1549-1.jpg





新しい看板に変わったテーメーに入り、
すぐ左のカウンターでドリンクを買う!







人いっぱいやん!






殆ど日本人で埋め尽くされたフロアには、
それをカモにする目つきで同じ人数ほどの女性達がたむろしている!







オカマ三兄弟は奥のテーブルに陣取り、
今度は本物の女を物色する。







と!






スプラッシュ君「お腹が痛いです!」






早くもタイの洗礼を受けたか?
と、思いながら、







「階段上がって直ぐです!」







と、スプラッシュ君にトイレの場所を教える。
腹を押さえながらトイレに消える後姿を見ている暇は無い僕は、
唯一人に自慢出来る視力2.0の細い眼を開き、暗闇の娘を物色する。







トイレがいっぱいだったのか?
いや、多分汚かったのだろう!
スプラッシュ君は快便が出来ずに帰ってきた!







「僕の部屋にきますか?」







僕の泊まるマンハッタンホテルは、テーメーから歩いて数分なのです。
テーメーを出た、オカマ三兄弟はホテルに帰り、
スプラッシュ君は僕の部屋で快便!








何故か、しらけてしまい今日はここで終了する事に、
スプラッシュ君をスクンビット通りまで送り、タクシーに押し込む!
ご存知の通り、スプラッシュ君はスリウォンのホテルに泊まっているのだ。
翌日は、このスプラッシュ君k口さんを、
形だけの観光に連れていかなければならない。







2010年2月11日






朝早くから、スリウォンまでスプラッシュ君を迎えに行き、
BTSに乗りサパンタクシン駅へ向かう。
この旅、出発前にスプラッシュ君が行きたい場所を聞いていた。
ワットポー、エメラルド寺院に死体博物館!







死体博物館って!






ネットで調べたところ、真っ二つに割られた顔のホルマリン漬けや、
胎児死体の数々!
爆弾で吹っ飛ばされた人の写真!
その辺のお化け屋敷より数倍怖く、今回は丁重にお断り。
訪タイ初の方に喜ばれる何時ものコースを選択。






DSCF1552-1.jpg





チャオプラヤー川を北上しワットポーに出向く。
僕は何回も来ているので中には入らずに外で待つ事に、
スプラッシュ君K口さんは金に塗られた大きな仏像を見て感動したのか?
しないのか?







ここまで来るのにかなり時間がかかり、
僕は少し焦り気味!
次は暑い中、歩いてエメラルド寺院へ。
入口を入り綺麗な建物を撮影したスプラッシュ君






僕は観光を強引に中断しタクシーに乗り込む!
そうです、僕は14:00にはナタリーに着きたいのです、
ここから、プロンポムに向かい坦坦麺で食事、
その後ナタリーに向かうのはギリギリの時間。







何故、僕が早い時間にこだわるかと言いますと、
遅い時間や夜にMPに行くと、1回済ませた娘とヤル可能性があるからです。
当然、MPの娘は過去に数百回、数千回と男と寝ている訳ですが、
せめて、その日初めての男になりたい僕でして・・・・・







「あなた今日は5人目よ」






なんて、いやなのです。






渋滞の中、約40分で坦坦麺に到着した僕達3人は、
ビールで乾杯し、何時もの牛スジニラ炒めや餃子、蟹玉、唐揚げなどで
体力を回復。
K口さんは疲れたのでホテルに帰ると言う。
スプラッシュ君は、MRTを乗り継ぎナタリーへ。






DSCF1555-1.jpg





初ナタリーのスプラッシュ君はわくわくしながら店内に入る。
まずはテーブルから品定め!
娘の多さに緊張気味なスプラッシュ君








スプラッシュ君「あの娘、めっちゃ見てきますよ」とニタニタ!







「見てきたらどうです?」







スプラっシュ君「恥ずかしいですよ!」







いやいや、オカマをペイバーする方が何十倍も恥ずかしいと思うが、
そんな事は口に出さない僕。







「一緒に行きましょ」






ひな壇を背にサイドライン約20名の娘を見回す!
殆どの娘が目を合わせて来る!
この瞬間が、自分がモテルのだと錯覚に陥る瞬間なんです。








はその娘の中に5人ほど、お手合わせした娘を確認する。
ブログ記事的に同じ娘は除外し、少し悩んだあげく娘を選択する僕。








スプラッシュ君も無事に娘を選択!




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 目「タイナイトライフブログ!」



 アップ  アップ  アップ
「エロエロブログのたまり場」
「タイ娘のエロ画像も見れちゃう!」



料金を払い、エレベータに乗りそれぞれの部屋へ!
ドリンクが運ばれ、僕はいつもの撮影を始める。







へへへ!






ええ画像が撮れたぞ!






バスタブに湯が溜まり、全身をくまなく洗ってもらう僕。
既に、モンキーバナナは爆発気味!
ベットに移り、からの愛撫を楽しむ。
その舌は両乳首をナメ回し、お腹から下腹部へ、
は小さな手で、僕のモンキーバナナをお腹の方へ反らせ2つの果実を舌先で突く様に舐める!








あかん!







少し下半身が震える僕を、上目使いで見て楽しんでいる。
モンキーバナナの先に「チュ」と軽いキスをしたは枕元に置いてあった、
ゴムを装着!








僕の上に乗り激しく腰を振る!
娘のオッパイは上下に激しく動き、僕は細い腰を両手でがっちりと持ち、
自分の腰を突き上げる!
僕は起き上がり座位で娘を抱き寄せ、そのまま正常位に!
最後はバックから娘の両腕を引き、の上半身を宙に浮かせたまま!








どぴゅ!







からマッサージを受け、ソファーでたたずむ僕。
隣には娘が僕の携帯を珍しそうに触っている。
デジカメにの興味を示し、触っている!







電源を入れた娘は、昨日撮影した優子りんの画像や動画を見て驚く!
タバコを吸いながらテレビを見ていた僕は、
数分間、その行動を見過ごしていた!








おおおい!






は自分が写った画像を全て削除!






はすぐさまからデジカメを取り上げ画像を確認!








先程撮影した画像は全て消えている!






がびーん!






何さらすねん!と!
娘にカメラを向けるが拒否!








DSCF1568-1.jpg




DSCF1561-1.jpg






何とか、こんな画像だけは撮影しシャワーを浴び部屋を後にするのです。
玄関で待ち合わせしていたスプラッシュ君と、感想を言いあいながら歩道を歩く。








スプラッシュ君「エロい娘でしたよ、へへ」







「画像消されましたよ!」







スプラッシュ君「え!」









「撮りましたか?」






と、スプラッシュ君が撮影した娘の画像を見せてもらう!






そんな娘の画像は!







つづく





今日はグダグダの記事になりましたが、
応援宜しくお願い致します!

ダウン  ダウン  ダウン
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 目「タイナイトライフブログ!」
目こちらもお願いします。  

目 左矢印「こちらも頑張ります!」
「タイ娘のエロ画像も見れちゃう!」


タイのホテル予約はこちらで「激安です!」


パタヤのホテルはこちらで!

関連記事
スポンサーサイト

Category:バンコクでの日々

コメントでっせ!(4トラックバック(0

No title

2010/03/09(Tue)17:17

おかまをペイバーするより女を選ぶ方が恥ずかしいとは・・・
S君らしいですね。

名前:じゅんちゃん (URL) 編集

No title

2010/03/09(Tue)23:20

いやいやオカマネタは、自分の未開拓地域だけに興味ありますよ!!

しかし画像を消すとは、ナタリー嬢なかなかやりますね(笑)

名前:kaz (URL) 編集

じゅんちゃんさん

2010/03/10(Wed)07:48

s君は娘達に見られタジタジでしたよ!

名前:hi to (URL) 編集

kazさん

2010/03/10(Wed)07:52

僕も初めての時は少し罪悪感といいますか?
犯罪でも犯した気分になりましたが、訪タイでは必ず1回は行きますね!
次回もお楽しみに!

名前:hi to (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。