ホーム  > スポンサー広告 > 初のベトナムに到着! > ベトナムでの日々 > 初のベトナムに到着!

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

初のベトナムに到着!

2011/06/19(Sun)

2011年3月9日


今日はカンボジア最終日、何もする事も無く部屋でネット三昧。
ベトナムの情報や、ブログを確認し部屋でゆっくり過ごしす。
この日は平凡な日で夕食を終え、マティー二に出かけるが不発に終わる。

長い旅でこんな日もあるのです。


翌朝


2011年3月10日

僕が予約したホーチミン行きバスの時間は朝の6:45発。
乗り遅れない為に5時半には起床し余裕を持ってキャピトルのラストランで朝食を食べる。
30分前にはレストラン横にバスが停車し乗り込む人も出て来たので、
僕も荷物をトランクに入れてもらい乗車。



殆どの乗客はクメール人だが、その中に日本人バックパッカーが2名乗っている。
学生風で男なので、当然僕は知らん顔をするが向うは僕の事が気になる様だ。
「話かけるな!」オーラを十分に発し、僕を乗せたバスは国境へと向かう。
途中、バス内で全員のパスポートを預かる添乗員に「大丈夫か?」と思ながら景色を楽しむ。


DSCF1051-1.jpg



カンボジア出国手前で休憩をとり、バスに乗ったままで出国審査に。
高速道路の料金所みたいな所で全員下ろされ、パスポートを添乗員に返してもらい、
係官に顔を確認されスタンプを押してもらう。
再び、パスポートをバスの添乗員に預け、バスに乗り50メートルも進むと、
ベトナムの入国審査がある。




ここでは、添乗員が全員のパスポートを一括して出国審査に渡し、
「ポンポンポン」とスタンプを押していく!
ええかげんなもんだ!


名前を呼ばれ、出入国カードも無しに無事ベトナムに入国。
初の陸路国境越に緊張して損した気分の僕を乗せバスはホーチミン・デダム通りに到着。
バイタクに予約したホテルの住所を見せると、「2ドル」と言うので乗り込むと、
おっさんは走り出したが、大回りされ到着。



結局直線で50メートルの所にあり、ベトナム初のぼったくりにあい、
ホテルにチェックイン!

DSCF1057-1.jpg




5階の部屋からの景色は綺麗で教会が目立つ。


DSCF1059-1.jpg



喉が渇いたので何か飲もうと思い冷蔵庫を見ると、
見た事が無い飲み物が多く入っている!
中でも、こんな高級食材をジュースにしてしまうのか!

6.jpg
にほんブログ村


DSCF1063-1-1.jpg
にほんブログ村
ツバメの巣ジュースに冬瓜茶!


気持ち悪いので喉の渇きを耐え、両替を兼ねて街の散策に出かける事に。
タイやカンボジアと代わり映えはしないが、歩道にはバイクが多く止めてあり歩き辛い。


DSCF1060-1.jpg
にほんブログ村
散髪屋と思われる店前には何故か、日本のバブル時代のボディコンを着こなし厚化粧のお姉さま方が数人座り、僕を目線で追いかける!



ここが噂で聞く、美人床屋か?




機会があれば行ってみようかな?



タイやカンボジアほど両替屋は多く無く普通は銀行でするみたいだが、
1軒見つけたのでレートを確認。
悪くは無いので300ドルを両替し部屋へ戻る事に。




これがベトナム・ドンか!





札はツルツルで何とも使いにくそうだ!
でも、少し金持ちになった気分です!


DSCF1061-1-1.jpg
にほんブログ村
600万ドン余り!



ホテルで夜を待ち何を食べようかと考えたが、
やはりベトナムでは生春巻きを食べないと!
呼び込みの兄ちゃんが丁寧だったので、ホテル裏通りのレストランに入り、
サイゴンビールを注文し、生春巻きとサラダと組み合わせが悪い料理を注文。


DSCF1067-1.jpg
にほんブログ村
春巻きには海老や豚肉が巻いてありボリューム満点、
少し香草の香りが強いが美味しい。
5本も食べると、これだけで満腹状態になりサラダは大半残す事に。


DSCF1068-1.jpg


初のベトナム、右も左も解らない僕。
更に、夜遊びも素人で何処に何があるのかも解らない!
タイの様に、 「ここはお姉ちゃんが踊ってるよ」みたいなネオンも無く、
食事を終え街をふらつく僕。




どうしようかな?





本日もご協力お願い致します。
ダウン  ダウン  ダウン
14-1.jpg
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
目こちらもお願いします。  

目 左矢印「こちらも頑張ります!」

「タイ娘のエロ画像も見れちゃう!」

関連記事
スポンサーサイト

Category:ベトナムでの日々

コメントでっせ!(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。