ホーム  > スポンサー広告 > エピソードTwo! > サエちゃんネタ > エピソードTwo!

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

エピソードTwo!

2011/08/04(Thu)

大阪地下鉄堺筋線は天神橋筋6丁目から大阪では南と呼ばれる街を通り、
終点の天下茶屋駅を結ぶ路線である。
しかし、その路線は大阪と京都を結ぶ、阪急京都線の淡路駅にも繋がっており、
大阪北部や京都に住む者にとっては、一度梅田に出なくても南に行ける便利な路線だ。


地下鉄に揺られながら考えるhito。


時刻は午前9時半、ホテルのチェックアウトが10時に迫っている、
しかしサエからは連絡が無い。
ベトナムで出会ったサエは大阪を案内してほしいと、
昨日、京都で落ちあい清水寺、金閣寺、更にはUFJと観光を重ね、
夕食の串カツ屋では酒を飲み過ぎhitoがホテルへと送り届けたのだ。


ビジネス街の北浜を過ぎ、堺筋本町で中央線に乗り換えたhitoは、
一つ目の駅、谷街四丁目で下車する。
数分歩きホテルにたどり着いたhitoはフロント前に立つサエを見つけ、
一安心する。


サエもhitoを見つけ、少し腫れぼったい目で笑顔を向ける。
起きたら連絡してって言うたやん!
今、しようと思ってたんです。


hitoの住む街からここまでは約40分は必要。
その事を告げるとサエは、そっか!とニッコリしながらも、
hitoのご機嫌を窺う様に視線を向ける。


苦笑いしたhitoとサエはロビーのソファーに座りながら、
今日の予定を相談する。
帰りの新幹線を予約していないサエは大阪を夜8時頃出たら大丈夫との事。
関西ガイドブックを開き、悩んだサエは神戸とhitoに告げる。



地下鉄で一度、梅田まで出た2人は阪神電車に乗り換え三宮の次の駅、
元町を目指す。
サエの目的は、言わずと知れた神戸南京町中華街、
ここで昼食を食べる事。



店には入らずに店頭で販売している肉まんを頬張りながら、
持参のカメラで街並みを撮影するサエ。
更に角煮マンやジュースを購入、
hitoもサエの横を歩きながら言われた物を食べるしかない。



約2時間も振り回されベンチに座りながら、ガイドブックを開いたサエは、
北野異人館に行きたいと言う。
更にある場所に行きたいと言うサエに、一瞬凍りついたhito!



sae2-1.jpg
にほんブログ村 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ













サターンの椅子!



有名なサターンの椅子、右側の椅子は女性用、
左側の椅子は男性用で座ると願いか叶うといわれている。



hitoが驚くのは当然、少し前に七海ちゃんと訪れた場所!
その時hitoは、こんなお願いをしていたのだ!



「就職が早く決まりまり、そこそこの給料でタイ旅行も行けて、
出来れば海外なんかで働きたいな~、それで七海ちゃんと・・・
それから、ベトナムにも行きたいし~・・・・・・・・・」




タイ・ベトナム旅行は願いが叶ったが、就職と七海ちゃんと・・・・
肝心な2つがまだ叶っていないのだ。
願いが叶う率は50%といったところか。
そんな事を考えるhitoであった。



急な北野坂を上り異人館をめぐり歩いた2人は、
最終サターンの椅子のある山手八番館に到着。
当然女性が多いので七海ちゃんと来た時と同様に男性の順番が早く、
左側の椅子に座りお願いをするhito。



サエも椅子に座りお願い事を済ませ、
北野坂を下りながら、質問を浴びせられるhito。
何、お願いしたんですか?
ほんとに叶うんですか?



「今夜サエちゃんと親密な関係になります様に!、
いや、七海ちゃんが先かな、就職も決まってほしいし」


「以前、女の子と来た時にお願いした事は50%で叶ったかな」






と、





そんな事は口が裂けても言えずに、
就職かな?とごまかすhitoであった。



梅田阪急三番街、スパゲティー屋で夕食をとる事にした2人。
サラダ挟み、パスタを口に運びながらサエは、
hitoさん今度は、私の所に来て下さいね、案内しますからね。
そんな言葉にほほ笑んだhito。



新大阪駅、上りホームに滑り込んだのぞみ60号。
その白い車体を見ながら2人は手を繋いでいたのだ。
大阪駅から在来線で新大阪に向かう車内は混雑しており、
手すりなどにつかまる事が出来ず、
よろけそうなサエを支える為にhitoはサエの手を握っていた。




サエも強く握り返しhitoを支えにしている。
新大阪で下車するもお互いは手を離す事無い。
サエは自分のキップにhitoの入場券も購入、自動改札で手が離れたものの、
hitoが手を差し出すと握り返したサエ。




新幹線のドアが開いた瞬間、サエの頭を抱き寄せたhito、
サエも抵抗せずに身を任せる!
「今度行くから」耳元で囁いたhitoは、サエを見送るのでありました。



つづく




本日も宜しくお願い致します!
ダウン  ダウン  ダウン
6.jpg
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
目こちらもお願いします。  

目 左矢印「こちらも頑張ります!」

「タイ娘のエロ画像も見れちゃう!」










関連記事
スポンサーサイト

Category:サエちゃんネタ

コメントでっせ!(2トラックバック(0

2011/08/04(Thu)13:54

なかなか純愛路線ですな。私に一度サエちゃんに会わせていただければ、すべてを暴露してあげるのですが・・・

名前:じゅんちゃん (URL) 編集

じゅんちゃんさん

2011/08/04(Thu)15:01

> なかなか純愛路線ですな。私に一度サエちゃんに会わせていただければ、すべてを暴露してあげるのですが・・・

じゅんちゃんさん

そんな地雷を踏む様な事は致しません。
何時、ブログがばれるかと冷やひやしているところです!

hito

名前:hi to (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。