ホーム  > スポンサー広告 > 2人でアンコールワットへ > 未分類 > 2人でアンコールワットへ

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

2人でアンコールワットへ

2008/12/17(Wed)

2007年12月9日

体が熱い!!

胸が熱い!!


目が覚め、今の状況が解らない?
何処やここ?


僕の胸の上は、よだれを垂らし爆睡する女?
こいつのおかげで熱いねん!


あっ!


昨日の事を思い出す。

よだれ女は朋子さん!
うだうだうだ絡まれてる内に寝てしもた!

ベットからそっと離れ、クーラー全開。


ムクと立ち上がる朋子さん!
トイレへ向かう?
「おえおえおえ」

そら吐くぞ、ビール5?以上は飲んでるで!
大丈夫かな?

トイレから出て、僕の顔を見るなり
「なんで?」
「えっ」「どうして?」

記憶無いのか?この女!

僕は、昨日の出来事を30分もかかり説明。
まだ酔っているのか理解に苦しむ朋子さん。

中華料理屋から記憶が無いらしい!

朋子さん「すみません」と申し訳なさそう。
そんな朋子さんを部屋まで送る。


自分の部屋まで戻り、ベットでうとうとする僕。


コンコンコンコンコンコンコンコンコンコン

誰やねん?
眠たいのに!





       アップ
ハジャイ道場修業日記は僕のおきに入り。
エロ画像満載です、ここで見れますよ。








眠たい目をこすり、ドアを開ける。

そこには、朋子さんが!
「アンコールワット行きました?」

「いや、行ってませんけど」

朋子さん「一緒に行きませんか?」

この女どこまで僕を引きずり回すつもりや!
すっかり、酔いも醒め元気そうだ!

基本的に女の誘いは断らない僕。
いい事を期待し、「そうですね、行きますか」と
返事する。

笑顔の朋子さん、よく見ると可愛い!

2人で、こんな乗り物を1日チャーターし(12ドル)

タイ職しタイへ旅に出る

アンコールワットの入り口へ
20ドル払い、入場券をもらう。
朋子さんは、一週間有効のパスを買う60ドル。
写真を撮られパスに貼り付け。

「私、全部見たいので一週間通います」
「アンコールワットの朝日は綺麗みたいですよ」

「僕はいいです、明日プノンペンへ異動しますから」

「そうですか!」と朋子さん

タイ職しタイへ旅に出る

アンコールワットや



タイ職しタイへ旅に出る

バイヨンと呼ばれるとこや


タイ職しタイへ旅に出る

映画、トゥームレイダーの撮影場所にもなった場所を見る。

しかし、何ヵ所あんねん?
脚痛いわ!

10ヵ所は移動したかな?
やっと帰れるわ。

ゲストハウスに戻り、朋子さんと夕飯の約束をし、
僕は、プノンペン行きのバスを予約に行く。

キャピトルツアーで、明日7時出発のバスを予約。
部屋で、シャワーを浴び、夕飯の時間を待つ。


2人でイタリアン系のレストランに入り、昨日と同様に
絡まれ、ぐだぐだ。

朋子さん hitoさん、何でプノンペンに行くの?」

何でって、「同じとこにおってもしゃーないし」

朋子さん私も行くわ

来なくて結構です!とは言えず。
「アンコールワット見るんでしょ」

朋子さんじゃプノンペンで待ち合わせしましょ
僕「まだ、場所も解らんし無理やって」

朋子さんキャピトルてゲストハウスあるんですよね、そこに16日に、
携帯もあるし大丈夫、大丈夫」


明日になれば、記憶が無いやろ!
と思い、空返事で「いいすよ」

その後は昨日と変わらず、3軒目を最後に部屋へ戻る。
今回は、朋子さんを部屋で寝かせ、僕は自分の部屋へ帰る。

だって、明日早いんだもーん




何か、期待しました?
残念でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
                         
アップ
                     そんな期待はこちらへ
関連記事
スポンサーサイト

Category:未分類

コメントでっせ!(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。